​当院で診断した症例

当院で実施した胃・大腸内視鏡の症例の一部をご紹介します。

Image-empty-state.png

症例01 アニサキス

自分で釣った魚を食べ、突然の胃痛出現。翌日来院され胃カメラを行うと、魚

Image-empty-state.png

症例04 胃腸炎

魚介などを食べた後の吐き気、胃の不調が3日間治まらないと受診されました。

Image-empty-state.png

症例07 胃癌(内視鏡切除)

15mm程度の早期胃癌です。早期癌の中でも、粘膜内にとどまっている病変で

Image-empty-state.png

症例10 大腸ポリープ②;早期大腸癌(非浸潤癌)

2cm大のポリープです。一見すると普通のポリープですが、切除後、一部癌化

Image-empty-state.png

症例13 大腸憩室

大腸の検査をしていると、頻繁に目にすることのある憩室です。腸の筋肉が弱

Image-empty-state.png

症例16 大腸マルトリンパ腫

直腸に凹凸のある粘膜が観察されます。マルトリンパ腫は悪性リンパ腫の一つ

Image-empty-state.png

症例19 大腸メラノーシス(改善例)

大腸メラノーシスが改善している症例です。刺激性の下剤を長年内服されてお

Image-empty-state.png

症例02 胃潰瘍

カメラを入れるとすぐにピロリ菌感染があるとわかる胃炎の粘膜で、胃潰瘍が

Image-empty-state.png

症例05 逆流性食道炎

重症の逆流性食道炎の画像です。2つめの写真は正常な方です。比較すると食

Image-empty-state.png

症例08 胃癌(外科手術)

どちらも胃癌で手術となった症例です。最近なんとなく胸やけがする。食欲が

Image-empty-state.png

症例11 大腸ポリープ③;早期大腸癌(浸潤癌)

これも2cm大のポリープです。前出の症例と同様、癌化しておりました。ただ

Image-empty-state.png

症例14 虚血性腸炎

粘膜がただれています。突然の腹痛と血便で発症し受診される方がほとんどで

Image-empty-state.png

症例17 アミロイドーシス

大腸アミロイドーシスです。アミロイドという異常蛋白が臓器に付着し機能障

Image-empty-state.png

症例20 便の残り

頑固な便秘の方で、腸洗浄が不十分であった症例です。腸内に便があると精密

Image-empty-state.png

症例03 鳥肌胃炎

胃の粘膜が鳥肌のようになっているのがおわかりになりますか?(色素撒布し

Image-empty-state.png

症例06 胃ポリープ

胃のポリープです。時々出血している様で、「以前から貧血があって」や「突然

Image-empty-state.png

症例09 大腸ポリープ①;腺腫(良性)

3cm大の大きなポリープです。5年前に大腸カメラを行った時にはポリープは

Image-empty-state.png

症例12 進行大腸癌

大腸の内腔を埋め尽くす大きさの進行大腸癌です。外科手術となりました。自

Image-empty-state.png

症例15 潰瘍性大腸炎

腸粘膜にびらんや潰瘍ができる炎症性の腸疾患です。原因不明であり、難病に

Image-empty-state.png

症例18 大腸メラノーシス

大腸粘膜が黒くなっています。便秘の方で刺激性の下剤(センナを含む)を長

Image-empty-state.png

症例21 食物の残り

下剤にて排出しきれなかった野菜、キノコ、海藻などは、ほぼ原型のまま大腸