診療案内

ピロリ菌外来

Ambulatory Practice for Helicobacter pylori

ピロリ菌を除菌しましょう

ピロリ菌感染は胃がんの最大のリスクです。除菌治療を行うと胃がんのリスクを減らすことができます。

日本人のピロリ菌感染率は50%程度ですが、感染歴のある人は未感染者の150倍くらい胃癌になりやすいといわれています。ピロリ菌を駆除することによりにより胃癌発生は約1/3に減少しますが、それでも未感染者より50倍くらい胃癌になりやすいといわれています。
具体的には、数年以内にピロリ菌除菌成功者100人のうち1~2人の割合で胃癌が発見されます。
また、胃癌患者さんの約98%はピロリ菌感染者( 現在または過去) であり、除菌後の方にとっても定期的な胃内視鏡検査は非常に重要であります。
胃内視鏡検査(過去1年以内・他院でも可)で慢性胃炎と言われた方は、ピロリ菌検査を保険診療で行い、ピロリ菌陽性を確認できれば、保険診療で除菌治療可能です。お気軽にご相談下さい。

除菌治療をご検討の場合、治療内容、効果、治療後の経過、治療によるデメリット、最新の知見なども含めまして総合的にご説明いたします。
ぜひご相談ください。 

次のような方は早めにご相談ください

バリウム検査で胃炎と指摘された。

ピロリ菌陽性と言われた方

除菌治療をご希望の方

ピロリ菌検査をご希望の方

慢性胃炎と言われたことのある方

胃潰瘍、十二指腸潰瘍と言われたことのある方

ご家族に、上記項目に該当される方がいる

 桜が岡内科クリニック

診療時間;午前 9:00-13:00  午後 14:00-18:00

〒251-0027 

神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡1丁目8-13

休診;木曜・日曜・祭日

駐車場7台完備

外来の最終受付は午前は12時45分、午後は17時45分までです。

胃カメラ・大腸カメラは予約制ですが、当日検査も可能なかぎり対応いたします。ご希望の方はご連絡ください。

桜が岡内科クリニック

Sakuragaoka Medical Clinic

Copyright © Sakuragaoka Internal Medicine Clinic. All Rights Reserved.