​胃カメラ(胃内視鏡検査)

内視鏡は辛いからやりたくないという方に

「やって良かった」と

感じていただける検査を目指しています。

胃カメラ(胃内視鏡)検査は経鼻または経口より内視鏡を挿入し、食道から胃、十二指腸までの粘膜を観察し、必要に応じて組織を一部採取し病理検査を行います。この検査によって炎症や出血、ポリープや悪性腫瘍の有無や病気の程度を診断することができます。

カメラを挿入している時間は5~10分程度です。 

胃カメラが苦手な方には鼻より挿入できる経鼻内視鏡を用います。精密検査が必要な方は、高画質と画像強調(BLI)が可能な経口胃内視鏡を用います。ご希望の方には鎮静剤の使用も積極的に行っております。検査方法については患者様のご希望に合わせて、鼻からできる胃カメラ(経鼻内視鏡検査)や眠ってできる胃カメラ(鎮静下内視鏡検査)を選択していただいています。

胃カメラは、最後に食事をとってから8時間経過していれば大抵の場合検査可能です。

朝食を抜いて頂き、午前中に予約なしで直接ご来院いただいても構いませんが、事前にご予約をとっていただくとスムーズです。

 

次のような症状のある方は胃内視鏡検査をお勧めします。

  • 胃バリウム検査異常

  • 胃痛、胃不快感

  • 胸やけ、げっぷ

  • ピロリ菌陽性の方

  • 血縁者にピロリ菌陽性・胃がんを患った方がいる

  • ピロリ菌除菌治療後の方

  • 自覚症状はなくても検査を受けてみたいと思われる方

上記のような症状がある方は胃カメラ検査を受診されることをお勧めいたします。

内視鏡で直接胃の中を観察することで症状の原因究明、それに合わせた治療も行えます。

 

胃カメラでわかる病気

・逆流性食道炎

・食道がん

・(急性・慢性)胃炎

・ヘリコバクターピロリ感染症

・胃潰瘍

・胃ポリープ

・胃がん

・胃アニサキス症

・十二指腸炎

・十二指腸潰瘍

​・十二指腸がん

 

ピロリ菌について

ピロリ菌感染は胃がんの最大のリスクです。除菌治療を行うと胃がんのリスクを減らすことができます。

日本人のピロリ菌感染率は50%程度ですが、感染歴のある人は未感染者の150倍くらい胃癌になりやすいといわれています。ピロリ菌を駆除することによりにより胃癌発生は約1/3に減少しますが、それでも未感染者より50倍くらい胃癌になりやすいといわれています。
具体的には、数年以内にピロリ菌除菌成功者100人のうち1~2人の割合で胃癌が発見されます。
また、胃癌患者さんの約98%はピロリ菌感染者( 現在または過去) であり、除菌後の方にとっても定期的な胃内視鏡検査は非常に重要であります。
胃内視鏡検査(過去1年以内・他院でも可)で慢性胃炎と言われた方は、ピロリ菌検査を保険診療で行い、ピロリ菌陽性を確認できれば、保険診療で除菌治療可能です。お気軽にご相談下さい。
除菌治療をご検討の場合、治療内容、効果、治療後の経過、治療によるデメリット、最新の知見なども含めまして総合的にご説明いたします。
ぜひご相談ください。

 

当院の胃カメラについて

「やさしい内視鏡にこだわっています」

やさしい検査ができるように、機器や環境にこだわり、ゆっくり丁寧に検査することを心掛けています。

開院してからこれまで検査頂いた方には、鎮静剤を使用しなくても「すごく楽だった」と言っていただいております。

「鎮静剤の使用が可能です」

点滴により、鎮静剤を使用します。検査後、自然に覚醒するまで約1時間程お休みいただいております。

鎮静剤ご使用後は、運転を禁止とさせていただいております。

お車・バイク・自転車でのご来院はご遠慮ください。

「当日の対応も可能」

​​即日の検査も可能です。8時間の空腹で検査可能です。

※予約の状況で対応できない日もありますのでお問い合わせいただけるとスムーズです。

「緊急の処置にも対応します」

胃カメラ検査中に、緊急で処置をしなくてはいけない出血などがあった場合も総合病院に紹介しなくても、その場で処置できる設備・環境が整っています。​

​当院で対応できない重篤な場合は、紹介させていただきます。

 

経鼻からの検査について

当院ではスティック法にて鼻麻酔をしっかりと行ってから、カメラの挿入を行っています。

車でご来院の方や、お時間がない方は鎮静剤を使用せず経鼻より検査を行うことで、短時間でしっかりとした検査が可能です。

朝一検査を行い、そのまま会社へ出勤する方や、お出かけする方にお勧めです。

実際に多くの方が鎮静剤を使わず経鼻より検査をされています。

注意:鼻の奥が狭いと痛みを伴うことや出血すること、挿入が困難なこともございます。

鼻からの場合

舌の付け根に内視鏡が触れないので嘔吐感がほとんどありません。

口からの場合

舌の付け根に内視鏡が触れると嘔吐感が起きます。

 
 

​経鼻・経口の利点と欠点

鼻から挿入する内視鏡
利点
  • 嘔吐感が少ない

  • 鎮静剤を使用しないので、車で帰ることができる

  • ​カメラが細い(直径約5mm)

欠点
  • ​鼻腔が狭い方は、経口に変更することがあります

  • ​鼻出血や鼻の痛みが出ることがある

口から挿入する内視鏡
利点
  • より高度な処置ができる

  • ​鼻腔が狭い方も検査が可能

  • ​鎮静剤を使用し、眠っている間に楽に検査が可能

欠点
  • 嘔吐感が強い

  • ​鎮静剤を使用する方が多いので、来院方法に制限がある(運転類禁止)

  • ​カメラが太い(直径約9mm)

 

胃カメラを受けていただくまでの流れ

胃カメラの予約は下記の3つの方法がございます。

  1. お電話で予約;お電話にて問診や検査の説明をさせていただきます。

  2. インターネット予約;ホームページよりご予約をいただき、検査の説明メールを送信させていただきます。

  3. 来院して予約;院長との診察にて胃カメラのご相談などあればお伺いします。診察後にご予約や問診、検査のご説明をさせていただきます。

胃カメラは事前の診察は必要ありません。ご予約をいただきましたら、原則当日お越しいただければ検査が可能です。何かご不明な点がございましたら、お電話やメールにてお問い合わせください。

検査前日は普段通りの生活をしていただいて構いません。

夕食を21時までにお召し上がりください。​​21時以降は水分(お水・お茶・スポーツドリンク)の摂取は可能です。

​お薬を内服している方は通常通り内服していただいて構いません。

検査当日、起床後はお食事は召し上がれません。水分(お水・お茶・スポーツドリンク)の摂取は可能です。​

糖尿病のお薬を内服している方は服用することで血糖値が低下してしまうので、内服せずお越しください。そのほかの常備薬は通常通り内服ください。

★検査中に鎮静剤(眠くなる薬剤)のご希望がある方は、ご来院方法にご注意ください。

鎮静剤を使用しますと、当日の運転は禁止です。お車、バイク、自転車でご来院の方は鎮静剤の使用ができません。

1.

​来院しましたら受付を済ませます。

​胃カメラは事前診察なしでも検査が可能です。

2.

ご本人確認のため名札を首にかけていただきます。

3.

ロッカーにご案内します。

荷物、貴重品をお預かりします。

​鍵がかかりますので、ご安心ください。

4.

リカバリー室で問診、前処置をいたします。

​★経鼻...鼻腔を広げる薬液を両鼻に噴霧します。

​★鎮静剤を使用する場合...点滴の針を挿入します。

5.

​内視鏡室に入室します。

消泡剤(胃の泡を消すお薬)を飲みます。

6.

​経口の方は喉に、経鼻の方は鼻に局所麻酔をします。

7.

お身体左側を下に、横向きになり体勢を整えます。

​鎮静剤ご希望の方は点滴からお薬を入れます。

8.

検査が始まります。

​検査は5~10分程度で終わります。

9.

​検査終了後、そのままベッドでお休みいたします。

1時間程休憩していただいて、ご気分確認後に結果説明をさせていただきます。

​鎮静剤を使用しない方はそのまま検査の結果を説明いたします。

10.

​診察が終わりましたら、お会計となります。

胃カメラの費用は、約5,000~10,000円前後です。(3割負担の保険診療)

​※カードのお支払いも可能ですが、10,000円以上の方にお願いします。

診療時間;午前 9:00-13:00  午後 14:00-18:00

〒251-0027 

神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡1丁目8-13

駐車場7台完備

休診;木曜・日曜・祭日

外来の最終受付は午前は12時45分、午後は17時45分までです。

胃カメラ・大腸カメラは予約制ですが、当日検査も可能なかぎり対応いたします。ご希望の方はご連絡ください。

Sakuragaoka Medical Clinic