症例15 潰瘍性大腸炎

腸粘膜にびらんや潰瘍ができる炎症性の腸疾患です。原因不明であり、難病に指定されています。発症は、前年代にみられますが20代がピークです。若い方の血便・下痢は潰瘍性大腸炎の可能性があります。まずは内服治療にて症状コントロールしていきます。